LinuxにFCEUX(ファミコン用エミュレータ)をインストール

広告01




以前『Linuxでもスーパーファミコンができる!』という内容の記事を作成しました。

今回はLinuxにスーパーファミコンのエミュレータである『Snex9x』をインストールのやり方を自分用の備忘録として残しておきます。...

今回は『Linux上でファミコンを動作させる』やり方を自分用の備忘録として残しておきます。

大前提として、ディストリビューションは『Linux Mint19.3』のxfceエディションを使用しています。

インストール&起動

今回使用するエミュレーターは『FCEUX』になります。有名どころではないかもしれませんが、Linux Mintで使用するには一番簡単だと思います。

では、インストール作業に入ります。

Synapticパッケージマネージャを起動して、検索欄を起動します。そして『fceux』と入力して検索しましょう。

すると、以下の図のような検索結果が出てきます。fceuxにチェックを入れて、インストール指定します。

そしたら、適用を実行しましょう。インストール作業はこれで完了です。

スタートを起動すると『ゲーム』項目が追加されています。ここからFCEUXを起動できます。早速起動してみましょう。

無事起動しました。ですが…画面が小さいんですよね^_^;

実際にゲームを起動してみると以下の図のような感じ。正直、ゲームをやるにはちょっと小さいです。というわけで、設定を変えましょう。

Options→Video Configとクリックします。

すると、以下の図のような画面になります。赤枠部のnoneの右にある三角をクリックしましょう。

すると、画面サイズを選択できます。今回は『NTSC2x』を選びます。

(ちなみに、画面下の方にあるX scaling factorとY scaling factorの数字を変更することで、縦方向・横方向に小数点第1位の大きさで画面調整が可能です。まぁお好みで)

画面サイズが2倍になりました。これくらいの大きさがなと遊びにくいですよね。

最後に

今回は『LinuxにFCEUX(ファミコン用エミュレータ)をインストール』ということで記事を作成しました。

おじさん世代としては、スーファミはもちろん、ファミコンも遊びたいですよね。王道です。年取ってからでも、たま~に遊びたくなるんですよね。『あの頃の感動をもう一度!』みたいな感じで。それがLinuxでもできることを書き残しておきたかったのです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

広告01




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする